ヘナ

自宅ヘナ活スタートの為・ヘナをする前に美容室へ

明るい髪の色を暗く染めに行く

けっこうハイトーンだった私の髪の毛の色。

 ヘナをした時のオレンジが目立ちにくいように、7レベルくらいまで暗くする為に美容室へ。

カラーチャート

 ちなみにこのままヘナをすると、根元~中間の11レベルの所にはカラフルなオレンジ色が。

 中間~毛先のブリーチ毛の所には根元~中間よりはうすいオレンジ色に染まると予想されます。

 毛先のブリーチ毛の方が、しっかりオレンジ色が入りそうなイメージですが、キューティクルのない所(少ない所)には、ヘナは吸着しにくいので、ブリーチしている毛先の方が上よりは色味の出方がうすいと思います。

 オレンジ色の赤味をおさえたければ、オレンジ色を染めてから一度流し、コーヒーブラウン(藍色)をもう一度染めるやり方もありますが、自宅で2回染めるのが面倒だと思い、とりあえずオレンジ単品でいく事にしました。

 今回行った美容室は、最近お知り合いになったローランドの「Hカラー」を扱われている美容室です。

 女性のスタイリストさんで、Hカラーや他の薬剤や、私の抜け毛のくだりの話など、キャッキャッ喋りながら、あっという間に時間が過ぎました。

 カラーは、7レベルのオレンジ系で。

 カットは、ブリーチ毛を無くしてしまいたかったので、極力短いショートボブにしてもらいました。

 最近はずっとアッシュ系にしていましたが、オレンジ系の方が私の肌には血色が良く見えるので、暖色系でも大丈夫です。

 短くして、暗くして、落ち着いた感じになりました。

 2日後、ホームカラーデビューしました(笑) ヘナですが。

 まずは100均へgoしました。

 ヘナ用にするためのマドラー・小さいボール(器)・使い捨てケープ・ビニールキャップ・ポリエチレンの使い捨て手袋。ハケは、美容室にさらがあったので、それを使いました。

 最近は、カラー用のケープが100均に売ってるんですよ!!超便利。

 お客様にはこれまで、「簡単ですよー、ヘナを自宅で染めるの」と言っていた私。

 いざ、自分がやるとなると、一番最初は腰が重かったです。

 次回は、やっと染めていきますね。お待たせしております。