ヘナ

育毛対策で初めての自宅ヘナ・眠気に襲われる

自分で染めるのは初めて

さぁ、初めての自宅ヘナ。

 洗面台と床に新聞紙をひき、ヘナを塗り終わった後に顔周り貼る為のキッチンペーパーを短冊状に切っておきます。

 ポットにお湯を沸かし、ヘナを練っていきます。

 熱いので、少し水を足しながら生クリームくらいの柔らかさにします。

 ケープと手袋をしてスタート。

 顔周りは、お客様に塗布する感じで細かくスライスをとり、とにかく頭皮にヘナをアタックです。

 前半分は順調に塗れましたが、後ろはどうやって塗るん!?になりました。

 見えないので、下から感覚でスライスをとり、育毛なのでとにかく頭皮にアタックです。

 塗り終わると、切ったキッチンペーパーを、生え際がなんとかく真ん中にくるようにはっつけていきます。そしてビニールキャップをかぶって終了。

 やってみれば、思うほど面倒ではなかったです。

 今回は2時間程おきました。

 毛染め目的なら20分でも染まりますが、私は育毛目的なのでしっかりおきました。

 ヘナを塗った後、頭の血流が「ぐわーっ」と動いている感じで、頭が重く極度の眠気がきて、1時間くらい横になって寝ていました。

 お客様には、「へナを置いている間に用事とか出来ますから」と言っていましたが、とてもじゃないけど動けません。

 ヘナを塗布した後の感じは人それぞれで、お客様でもがっつり眠られる方もいますし、雑誌を読まれたりお話したりと。

 私は今回はとにかく眠かったです。

 洗い流すと、ヘナ独特のキシミ。

 これは、普段使っているトリートメント材などに入っているシリコンなどコーティングしている物が除去されて、本来の自分の毛が素髪の状態になったからです。

 もともと、毛先はブリーチ毛でしたし傷んでいました。

 それはそれはキシミます。

 ヘナを繰り返しやる事でヘナがコーティングしていき、ヘナを流した時のキシミ具合も緩やかになってかいきます。

 ヘナを洗い終わった後は、なんだかスッキリして、体が動きたくなる感じがしました。

 ヘナを頭に塗る事で、体内の肝機能に働きかけデトックスし、尿として排出していきます。

 この日もヘナをした後は、とにかくトイレに行きました。

 体もなんだかラクになりました。

 翌日ですが、こんな感じです。

ヘナ終了後の髪の毛の色

 続く。